MENU

古い映像のコピーサービス

男性

複製にかかる費用と技術

ビデオテープや8ミリビデオ・ミニDVなど古いフォーマットのメディアに記録された映像は、テープの経年劣化によって画質低下や再生不能の恐れがあるものです。安定した記録方式のDVDにそれらの映像をダビングする需要は、個人だけでなく企業や法人でも高まっています。ブライダル業界を始めとして教育機関や映像に関わる業種などでは、担当者の力量だけではそれらの古い映像をDVDにダビングするのも限界があります。ビデオダビングを専門とする業者に依頼すれば大量の映像をデジタル化してDVDにコピーしてもらうことができるため、利用する企業や学校関係の顧客が増えています。そのようなDVDダビングにも利用目的やコピー元映像の記録メディアによっていろいろなサービス形態が存在するため、利用料金も多種多様です。最も依頼例が多いVHS方式のビデオテープをデジタル化する場合でも、テープにカビが生えている事例ではカビ除去作業が欠かせません。一般の人の技術力では困難なカビ除去作業でも、プロのビデオダビング業者なら再生可能な状態にまでビデオテープをクリーンナップできるケースが少ないものです。切れたりからまったりして再生不能に陥っていたテープでも、専門業者の手にかかれば修復できます。DVDダビングの費用にはコピー枚数に応じて決まる1枚当たりの単価に加え、盤面印刷やジャケット印刷・コピーガードの有無によっても金額が変わってくるものです。これにテープのカビ除去や修復のオプションが加わる場合は、さらに料金が上乗せされます。当然のことながらDVDダビング業者によって料金体系が異なりますので、依頼の際にはテープの状況や注文枚数・利用したいオプションごとに料金を比較して業者を選ぶようにするといいでしょう。DVDダビング業者を選ぶ基準では料金面だけでなく技術面やサービス面も重要ですので、事前に業者の評判を検索することも欠かせません。